イランの男子バレーのガフールやマルーフとは?眉毛がすごい?背番号も!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

イランの男子バレー代表のガフール選手とマルーフ選手をご存知でしょうか。

五輪参加が決まるまで続く、男子バレー。世界を舞台に戦っているわけですけれど、見ていればわかるとおり、日本はあまり芳しくない状況下におかれています。

 

それもそのはず、この前から戦っているチームは全て世界の強豪と言われる国々ですから。

その中で、今回日本はイランと戦いを繰り広げていますが、そんなイランにはかなりのエースがいるようで、今回の試合にも参加しているようです。それが上述したガフール選手とマルーフ選手なんですよ。

今回は日本を苦戦させる要素を持ち合わせているであろうこの人達をまとめていきたいと思います。

イランチームエース、ミールサイード・マルーフ=ラクラーニー

 

名前:     ミールサイード・マルーフ=ラクラーニー
生年月日:  1985年10月20日
出身:     イラン オルーミーイェ
身長:     189cm 
体重:     81kg
ポジション:   セッター
スパイク:    331cm
ブロック:     311cm

wikipediaから引用

やはりイランの人であるためなのか、非常に本名が長く感じられるマフール選手。多分彼の名前を初めて見た人は口を合わせて長い名前だな

と思うかもしれませんが、この人は名前が長いだけが特徴ではなく、むしろ日本を一番苦戦させる人物なのではないかと思われるような人です。

 

マフール選手は、ユース代表として出場した2003年のユース世界選手権で銅メダルを獲得しており、2004年からはジュニア代表も務めており、2005年ジュニア世界選手権にも出場

 

その実力を認められたのか、2007年の時にイラン代表のセッターに選出され、2008年北京オリンピック世界最終予選に出場するなどの活躍を世界とイランに見せつけます。

 

しかし結果はあまり芳しくなくて、8カ国中6位になってしまい、出場権獲得にはならなかったのですが、その時男子バレーイランチームの

司令塔としてチームメイト全員を牽引し、ベストセッター部門1位に選ばれるくらいの高い数値を叩き出しました。

 

その同年にはアジアカップで初優勝を飾りまして、2009年アジア選手権では準優勝、2009年ワールドグランドチャンピオンズカップに

初出場するという快挙を達成。

そして2010年、イランにて開催されたアジアカップ決勝では、中国を倒して2連覇へと導き、ベストセッター賞を受賞するという大活躍ぶりを見せました。

そんな様々な成績を叩き出して称賛され、非常に高い評価を得るプレイを見せつけるマフール選手は間違いなくイランのエースであり、

日本にとっては恐るべき相手となる選手でしょう。こんなに強い選手を抱えているからこそ、イランは世界ランキングで8位を獲得していると言えるのかもしれません。

 

彼は身長189cmの、チームメンバーの中では小柄ですが、いくつものメダルを取り、大会を優勝するくらいの実力者であり、イランのエースプレイヤーです。

身長の低さはもはや考えない方がいいくらいでしょう。

 

スポンサーリンク

イランのエースその2、アミル・ガフール

名前:     アミール・ガフール
国籍:     イラン カーシャーン
生年月日: 1991年6月6日(24歳)
身長:     202cm
体重:     90kg
背番号:    10
スパイク:    354cm
ブロック:    333cm

wikipediaより引用

イランは全員がエースプレイヤーと言ってもいいくらいに強豪の集っているのですけれど、このガフール選手はその中でもかなりのエースと言ってもいいような選手です。その強さはマフール選手と同じくらいと言ってもいいくらいでしょう。

そんな彼は背番号10であり、マフール選手よりも年下ではありますものの、2013年のアジア選手権にてベストスパイカー賞を受賞する

くらいの実力をその時に発揮しており、翌年の2014年には仁川アジア大会にて優勝を果たし、イランに金メダルをもたらしました。

 

そう、金メダルプレイヤーが今回の戦いのメンバーの中に混ざって、日本と戦いを繰り広げているんですよ。

そんな彼もまた2mの巨人であり、3.5mの高さから放って来るスパイクは非常に強力で、イラン側に沢山の得点を与えています。

そして・・・もはやイランの人共通の特徴なのか、ものすごい眉毛を持っています

 

いや、バレー選手ですから顔とか眉毛とかどうでもいいはずなんですけれど、ものすごく眉毛が濃くてインパクトがあるんですよ。

こんなインパクトある顔で物凄いスパイクを放って来る上に、金メダルも獲得してるんですから、侮れません。

こち亀の両さんほどではありませんが、眉毛が濃い人は強いみたいな法則でもあるんでしょうか。もしくは強い人は眉毛が濃くなる傾向でもあるのかもしれません。

まとめ

敗戦続きの日本ですが、6月1日の2セット目では勝利しています。実況者が何度も背水の陣と言っていますけれど、日本男子バレーチームは

まさにその状況下。イランはものすごい強豪の集いですけれど、何とかして勝ってもらいたいところですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031