林正明(JJS)の死因とは?病気や家族や現在をチェックしてみよう

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

JOHNNY’Sジュニア・スペシャルというグループ、SMAPや嵐と言った無数のジャニーズグループ達の先輩とも言えるところに所属していた

林正明さんが亡くなりました。我々のような1990年代生まれや2000年代生まれの方々は知らないでしょうけれど、かつてはこの日本の

アイドルの一つとして活動していた人が亡くなったと言う事は、かなりの波紋をこの国中に広めています。しかしそこで、明かされていない

部分があったので、今回はそれについてまとめたいと思います。

 

林正明さん、死去

名前:   林正明
愛称:   マーちゃん ドラキュラ
生年月日:1958年8月30日 – 2016年5月
出身:   横浜市保土ケ谷区
       堀越高等学校卒業

画像を調べても彼の画像はまだ白黒写真の頃のものばかりでした。カラーカメラが当たり前になる前の時代からジャニーズに所属していて、

いくつもの後輩たちの目標となってきた彼は、1970年代に大活躍して、日本中を騒がせていました。しかも林さん達の所属するJJSは

ただのグループではなく、ジャニーズJr.第1期生であり、フォーリーブスや郷ひろみさんのバックダンスをやっていた事もあるというのです。

そして、その後の1975年にはシングル「ベルサイユのばら」でデビューして、この国を大きく騒がせたというわけです。しかしそれも過去の話

と言ってしまえばそのとおりであり、2016年現在の彼らの年齢は50代。奥さんもお子さんもいてもいいような歳であり、実際に林さんには

奥さんとお子さんがいたんだそうです。そして、JJSを脱退した後は現在まで横浜市の方で不動産業を営んでいたんだそう。なんでもこの奥さんが

元々不動産をやっていた方らしくて、その手伝いをやろうとしたら、そのまま上手く行ってしまい、彼の主業になってしまったようです。

元アイドルグループだったのですから、歌手などになる人が多い中、不動産を選んだ彼は意外と言えますね。

そしてその後はテレビに出演したりする事もなく、静かに家族と共に暮らし、不動産業を営んでいたようです。・・・だというのに、彼は突然

この世を去り、我々に訃報だけを届けてきました。その時の年齢は57歳。まだ老人と言える60代にも差し掛かっていないという、あまりに

早すぎる死に、日本中が驚きましたし、悲しみました。

 

スポンサーリンク

 

その死因とは。

気になるその死因ですが、心筋梗塞であると言われています。

今や日本に暮らす50代の方々が、突然発症してそのまま死に至る病気は、心筋梗塞、脳卒中、くも膜下出血。このうちの心筋梗塞を彼は

気付かない間に患ってしまい、発症。そのまま死に至ってしまったと思われます。心筋梗塞はそれほどまでに身近な病気となっており、

例え芸能人であろうが、著名人だろうが、それ相応の年齢の方ならば誰が発症してもおかしくはないものなのです。

 

まとめ

かつて日本を騒がせた人が死んでしまったというのは非常に悲しいですし、何より林さんが57歳という年齢で亡くなったというの一番残念でなりません。

人生これからというのに、あまりに早すぎる死であるとしか言いようがありませんし、遺された奥さんとお子さんも気の毒としか言いようがありません。

ですが、結局病気には誰も勝てないのです。ここは、彼の冥福を祈りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031