新潟のタレかつ丼とは?ケンミンショーで紹介!店やレシピもチェック!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

新潟名物って言えばお米とお酒っていうイメージがあるかもしれませんけれど、実はもっと名物があるんですよ。それは何とカツ丼

カツ丼といえば全国共通で存在している丼物の定番ですけれど、新潟のそれというのはちょっと違うという事が日テレのケンミンショーで紹介されます。

今回はその新潟のカツ丼についてまとめたいと思います。

 

新潟のカツ丼、それはタレかつ丼。

それがこれですよ。普通のかつ丼はカツを卵でとじますけれど、新潟県のそれはそうではなくて、カツはそのままに甘辛いタレをかける、もしくはカツに

タレを和えるっていうやり方をするんです。

これが新潟のかつ丼の姿であり、新潟県出身の方ならば誰でも一度は絶対に口にしていると言えます。だってその証拠に、県内の小中学校でも

給食のメニューとして存在していますし、職場の食堂や、ショッピングモールの中のレストランでも食べる事が出来ます。それくらいにまで、

新潟県民にとってはこのタレかつ丼というのは当たり前なのですよ。寧ろ逆に他の県に行ってみてタレかつ丼がないという方に驚くくらい

ですからね。ケンミンショーでは有名であると言われていますけれど、新潟県民からすればこれが普通のかつ丼です。

 

そして気になるお味の方ですけれど、カツそのものよりもタレの味が重要だとされていまして、醤油をベースにしたタレは基本的に甘辛い

味に仕上がっています。一口でも頬張れば、醤油と砂糖とその他調味料の味が複雑かつうまい具合に混ざりあい、子供から大人まで

絶対に美味しいといってしまうようなハーモニーが広がり、次から次へとご飯をかき込んでしまいます。タレカツ丼の威力というものはそれくらいに

まですさまじいものなのですよ。

何度も言っているようにこれが新潟の常識であり、寧ろ他の県の方々がこのタレカツ丼の美味しさを知らないというのがもったいないくらいです。

そしてこの美味しいタレかつ丼は、新潟県内ではとんかつ太郎という店ととんかつ政ちゃんという店で食べる事が出来まして、このうちの

とんかつ政ちゃんは大きなイオンモールなどといったショッピングモールの中に入っている事も多いので、ショッピングモールの中のレストラン街に行けば

食べられる場合も多いです。そしてとんかつ太郎はタレカツの店の元祖と言われていまして、新潟市内ならば至る所にあるので、軽く探せば見つける事が

出来まして結構手軽な値段で食べる事が出来ます

 

 

スポンサーリンク

 

東京で食べれないの?

ここまで読んでみたor番組で芸能人の皆さん方が新潟県のタレカツ丼を試食しているところを見て、新潟県に住んでいないけれど

新潟県のタレカツ丼を食べたいと思われた方もいるかと思います。確かにタレカツ丼を食べたいならば新潟県に来るのが一番ですけれど、

そうもいかない人が多い事でしょう。しかしご安心ください。この新潟のタレカツ丼は色んな所に進出しておりまして、新潟県でなくても

食べれる場所が存在しているのです。その中でかなり有名なのが、東京にある新潟カツ丼タレカツ

このお店は東京都内の吉祥寺神保町に存在しておりまして、足を運べば新潟のタレカツ丼を東京で味わう事が出来ます。そのためか、

新潟県から足を運ぶ人もいるくらいで、皆さん口をそろえて美味しかったと仰っています。

しかもお値段の方も定食などで頼まなければかなりリーズナブルで、気軽に食べれます。

 
新潟県のタレかつ丼というのは本当に美味しいものであると新潟県出身の筆者が心からお勧めできるメニューですので東京にお住まいの
方々は一度でいいからこのお店に寄ってみて、新潟のタレかつ丼を味わってみてください。絶対に後悔はしないはずです!
番組の中では嫌いな人はいないだろうって言われていましたけれど、まさにそのとおりです。きっとどの人の口にも合うその味に、誰しも唸るはずです!

 

自宅で楽しみたいという方は。

ここまできて、タレかつ丼を自宅で作れないものなのかと思われ方もいるでしょう。ご安心ください、お店に行かなくたって、自宅にある者を使えば簡単に

新潟のタレかつ丼を再現する事は出来ます。具体的な材料ですが、タレかつ丼のキモはタレなので、カツは一般家庭で作れるものを使うとして、

タレは醤油、酒、味醂、砂糖、水を使えば作る事が出来ます。そして作り方も極めて簡単で、小鍋に醤油大匙6杯、水を大匙5杯

ほど入れて更に味醂と酒を大匙1杯、砂糖を大匙3杯ほど入れて一煮立ちさせるだけです。

これだけで新潟県のタレかつ丼を再現できてしまうんですよ。ね、簡単でしょ?

 

ちなみに出来上がったタレの量を見て、多くないかと疑問に思われる方もいるかと思いますが、沢山のカツを潜らせる上にご飯の上にかける

物ですから、タレの量は多くないと駄目なんですよ。このかつ丼のタレは味が決め手であると言っていますが、同時に量も決め手なのです。

味が薄かったら美味しくないのものまた、このタレかつ丼の特徴なので。

それに既に完成したタレも売っているので、それを使って料理する事も出来ますよ。なお、それだけてかけてごはんを食べる事も出来ます。

 

まとめ

新潟県の名物はお米とお酒と、そしてタレカツ丼であると、新潟県でずっと過ごしてきた筆者は断言できます。しかし、お米やお酒と比べると、

まだタレかつ丼の知名度は少ない方なので、ケンミンショーをチャンスにして、もっとたくさんの人に知ってもらいたいところですね。

新潟のタレかつ丼よ、広まれ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー