日ハムの新球場はどこ?候補地は?札幌ドームもチェックしてみる

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

世界共通のスポーツと言えば、沢山ありますが、その中で野球が昔から親しまれているものですよね。高校生野球や草野球なんてものが

あるくらいですから、すもうと野球が日本のスポーツと言っても過言では無いでしょう。そしてそんな野球の球団がこの日本には結構あり、

その中の一つである日ハムに何やら動向があったようです。今回はそれについてまとめていきましょう。

 

日ハムの新球場構想。

野球界でもニュースでも、日ハム日ハムいうから本来の名前がわからなくなりそうですけれど、日ハムの正式名称は北海道日本ハムファイターズ

昔からここは様々なところへ拠点を移していて、一度は北海道から離れた東京ドームを拠点にした事もあったのですが、2004年からは

地元である北海道の札幌ドームを拠点にしておりました。北海道日本ハムとあるんですから、北海道に拠点を持っていないというのは

おかしいって事だったんでしょうね、きっと。

 

それに北海道に拠点を構えれば、北海道出身の野球選手なども来やすいという点もあったと思います。しかし、5月23日、日ハムは

しばらく身を置いていたこの札幌ドームから離れて、新拠点を構えるという構想を出してきたんだそうです。札幌ドームに拠点を移したのは

2005年であり、今年の2016年で11年目を迎えます。ドームはその構造上そんな簡単に壊れたりするものではないので、老朽化による

崩落などの可能性は皆無ですが、それでも古いドームは新しく建てられるものと比べて機能などが劣ってくる場合が非常に多いのです。

その事から、札幌ドームを離れて新しい拠点となるドームを作りたいという構想が出てくるのは自然であると考えてもいいでしょう。

・・・と言いたいところなんですが、実は一番の大きな原因は、使用料を払うのがきつくなってきたからなんだそうです。確かにこれだけ

大きなドームもお金で動いているわけですから、使用料を払い続けなければなりません。新しいところを作る事でそれが削減できるなら、

やるのが賢い選択と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

新しい拠点はどこになるのか。

ニュースでは北海道大学構内(札幌市北区)、北広島市きたひろしま総合運動公園予定地、札幌市の真駒内地区(南区)

などが候補に挙がっているそうなのですが、如何せん北海道いうものは、日本列島に含まれているもののほぼほぼ独立しており、もはや

一つの大陸と言ってもいいのではないかと思えるような巨大な県、日本一の広大さを誇る県ですから、今上げたところよりもいいところが

あるのではないかとも思えてきます。が、やはり都市部ではないと人が来ないという点も出てくるので、どんなに北海道が広大であったと

しても、札幌市などといった都市部が優先されるのでしょうね。ちなみに新しいドームを作りたいという理由としては、札幌ドームでは実現

できていなかった球場と球団の経営を一体化させて、収益力を増強させたいからという願いもあるからなんだそうです。確かに球団と

球場の経営が一つではないと、管理していくのも経営していくのも難しいでしょうし、何より無駄に手間がかかってしまいます。そう考えると、

札幌ドームはあまり機能的ではなかったのではないかと思えてきますね。

 

まとめ

ちなみにこのニュースには、札幌ドームから日ハムが離脱すると、札幌ドームが使われなくなってしまい廃墟になってしまうのではないか

言う心配の声も上がっていますし、新しいドームを作るとなると周辺地域の人々からの反対運動や反発を受けるのではないかという声も

上がっています。新しいドームを作るのはいいけれど、やはりそこでも問題が出てくるというものです。今後、日ハムがどのような動きを見せるか、

見ものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。
2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー