松智洋の死因や病気は?家族や作品やプロフィールもチェックしてみる

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

ゴールデンウィークの真っ最中だというのに、またまた訃報が入ってくるという事態になりました。この前訃報を掻いたばかりだというのに、

また有名な方が亡くなったというこの事態。そして亡くなったのはラノベ作家であり、ゲームシナリオライターである松智洋さん。まだ43歳

であったというのに、亡くなってしまったというこの状況に、様々なところで波紋が広がっています。今回はこの人についてまとめていきたいと思います。

 

松智洋さん、死去。

b1b009c7

 

プロフィール

誕生   1972年10月13日
出身   日本・福岡県
死没   2016年5月2日(満43歳没)
職業   小説家
脚本家
ゲームシナリオライター
漫画原作者
活動期間 2008年 – 2016年
ジャンル ライトノベル
代表作 迷い猫オーバーラン!
     パパのいうことを聞きなさい!
     オトメ3原則!、ほか

wikipediaより引用

松さんは福岡県出身の43歳であり、近年のアニメファンならば絶対知っているであろう「迷い猫オーバーラン!」「パパのいうことを聞きなさい!」の原作者でありました。

これらはライトノベルとしてだけではなく、アニメ化もされてかなりの人気を醸し出した作品であり、これらの事から松さんを評価する声は

非常に多くありました。その他の仕事としてはアニメやゲームのシナリオライターも務めており、「迷い猫オーバーラン!」「パパのいうことを聞きなさい!」が

アニメ化された際にはシリーズ構成もやっていますし、クイーンズブレイドのシリーズ構成だってやっていました。今上げた作品群は全て、

女の子がメインになる作品ですが、そう言う作品に関わっている事が多くて、知っている人も多かったのではないのでしょうか。

 

しかし、ライトノベル作家であるためか、全く人前に姿を現す事のなかった彼は、いつの間にか我々に訃報を届けてきました。しかも調べてみれば、

彼には奥さんもすでにいて、小さな男の子もいるとの事。なのに、奥さんもお子さんさえも置いて、彼は天国へと行ってしまった。

もはや取り返しようがない事は明白でありますが、何故このような事になってしまったのか。悲しいと同時に気になります。

 

死因は何か。

気になってくるのが、彼の死因。ニュースなどでは病気で死亡したとありましたが、やはり病気と一言で言っても何なのかわかりません。

しかし、彼に似た境遇の人に、メタルギアソリッド4の小説版や、虐殺器官などで有名であった伊藤計劃さんがいます。彼もまた松さんと同じような

小説家でしたが、僅か34歳という若さで肺癌になり、そのまま死に至ってしまったといいます。日本人の病死原因の第一位は癌であり、

40歳だというのに癌で亡くなるという人も少なくありません

 

公開されていないので、詳しい死因はわかっていない現状ではありますが、松さんの死因は癌と考えてもいいのかもしれません。

そう言ってしまえるだけ、癌で亡くなる人は非常に多いのです。

 

まとめ

彼はこれからも様々な作品を届けてくれるのではないだろうかと様々な人が考えていたと思っていたと思いますし、実際筆者もそう考えて

いたんですけれど、その矢先の出来事だったので、非常にショックでした。ですがせめて、様々な作品を我々に見せてくれた彼の冥福を

祈りたいところでもあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031