プリンスの死因は病気?インフルエンザ?妻や子供もチェックしてみる

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

今日、生ける伝説という誇らしき異名を持つミュージシャン、プリンスさんが亡くなったという訃報が入ってきました。

マイケルジャクソンさんなどに続いているかのような偉人の死に、本国であるアメリカどころか世界中が大騒ぎになっており、悲しみに包ま

れているようです。しかし、プリンスさんが亡くなったというにもかかわらず、その死因が明かされていないという状況にあります。今回はその

プリンスさんの死因について調べてみたいと思います。

 

プリンスさん、天国へ。

プリンスさんは1958年6月7日生まれの57歳という年齢で、この世を去りました。彼は1984年に自作自演映画「パープルレイン」を

公開して僅か2ヶ月で7700万ドルというとんでもない収益を得た事で有名となり、歌手、作曲家、音楽プロデューサーという、とにかく

音楽に携わる仕事をして、グラミー賞、オスカー賞、ゴールデングローブ賞を受賞するという大活躍をなさっていました。恐らく取れる賞は

何もかも取っていたのでしょう。その人気ぶりはアメリカのどこでも確認できるくらいで、あのオバマ大統領ですら彼が大好きだったと言って

おり、彼の死に衝撃を感じているそうです。

 

そして同い年の女優であるマドンナさんも、ツイッターの方で、

「彼は世界を変えた。先見の明があった人物。彼を失って非常に悲しい」

と語ったそうです。彼はパープルレインで非常に大きな功績を作り出してから、様々な音楽を作り出し、いくつもの賞を取り、世界中から

ファンを獲得して、現在進行形でファンを楽しませていた人でした。間違いなく、彼は歴史に残る偉人でしょう。

 

スポンサーリンク

 

死因は何か。

そんな歴史に名を遺した偉人であるプリンスさん。その死因は何もわかっていないというか非公開にされているようです。確かに偉人の死

ですから、その死因を明かしたくないとして、知らせないという事も多いですけれど、やっぱり気になります。

実は彼が亡くなる前、彼はインフルエンザにかかって入院していたという情報がありまして、一部ではそれが重症化して死に至ったの

はないかと言われております。インフルエンザは熱が出て苦しいだけのように感じる物ですけれど、あれが重症化すると呼吸器や脳などに

行ってしまい、脳炎や肺炎に繋がって死に至るという事もあります。だからこそ、インフルエンザの早めの治療が世界中で推進されている

というわけです。

 

もしくは、突然死の原因とされる心筋梗塞やくも膜下出血。これらはどんなに健康そうに見える人でも突然なって、突然死に至るもので、

現代病の中で最も恐れられているものです。これになってしまえばどんな偉人でも一瞬のうちに即死してしまいますし、突然倒れ込んで

そのまま死に至った人の原因を調べてみたら、この二つのうちどれかだったという例は非常に多いのです。

彼は、スタジオで突然死していたとありますから、これらである可能性も捨てきれません

 

彼の家族は。

彼は1996年2月14日、バックバンド「NPG」のダンサーであった、マイテ・ガルシアさんと結婚しています。その後にグレゴリー君という

男の子を設けますが、グレゴリー君は先天性の障害を持っており、出産後からしばらくして亡くなるという事態になってしまいました。

これを原因として二人は離婚してしまいますが、プリンスさんは2001年ペイズリー・パークスタジオのスタッフでだったマニュエラ・テストリーニさん

と再婚します。しかし、2006年に離婚。それ以降彼が熱愛していたとかのニュースは入って来ず、ずっと独身のままでいたようです。

もしも彼に家族がいたならば、彼の発見をもっと早くする事が出来て、彼が助かっていたのではないかと勘繰ってしまいますが、今となっては

どうにもなりません。

 

まとめ

世界中を賑わせたアーティストや偉人の死は非常に悲しいものですし、これからその人の作品を見る事が出来なくなると思うと寂しくなりますが、

プリンスさんは今の今まで、ずっと偉人として生き続けてきました。その死を悼むと同時に、お疲れ様でしたと言って、冥福を祈りたいところ

であります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー